京都の繁華街、花見小路四条の交差点を
ちょっと上がって
ちょっと東に入った
ちょっとわかりにくいビルの
ちょっとぉぉ、なんでエレベーターの内装ゴールドなん?の2階で
ちょっとしたお店をやってます。
お店のHPはラウンジ愛HPをクリックください。

[PR]
# by lounge-ai | 2017-12-31 23:59 | Comments(0)

真秋だけど荒れてる。

真夏と真冬はあるのに
真秋と真春はない。

帰宅時
「俺を軸に話をせいや!」
と唸っている声を聞いた。

丑三つ時など、とうに過ぎた寅二つ時。
あらまあ、おからみあそばされてるわ

さっさと歩を進めると
ブロックの上にコンビニの袋
中にの500の缶ビール、封は空いている。
さっきまで誰かが、袋に入れたまんま
そこに座って飲んでいたのか?

ブロックの上の方の、いつも猫がいる場所には
茶色いストール。

町の荒れ具合が、まるでもぅ年末。
[PR]
# by lounge-ai | 2017-11-20 10:45 | Comments(0)

地方巡業。

酔っぱらったお客さんの
手からグラスが滑り落ちたことはあるが
ビール瓶がどうだったかは記憶にない。

鳥取の飲食店に目撃者はいたのかな
自分の店で起きたとしたら
警察以外には迂闊に何も話せないよね。
二次会の場所とされる
美人ママの店のHPはサーバー落ち

鳥取県警の事情聴取。
おー、相手は横綱。
鳥取県警も大わらわ。

あんだけの数のマスコミが集まれば
コンビニも大大繁盛で
スナバじゃなくてスタバも大わらわ。
宿泊施設も儲かるね、
これぞ地方巡業やわ。

何はともかく
店の中で傷害事件とか起きたことなく
ありがたや、ありがたや。
[PR]
# by lounge-ai | 2017-11-19 14:39 | Comments(0)

傘。

夜中に焼き鳥をご馳走になって店を出たら
雨がまあまあ降っていた。

「傘貸そか?」
店の人に言われたが、
そこの道には常にタクシーがいるので
「いいで~す」
と来たタクシーを止めようとしたら
実車中だった。

次に来たタクシーも実車中だった。

うわっ、と向かいの店の軒先に駆け込む
と同時に店からごみ袋を持った黒服が出てきたし
「ごめんね~」
とあやまった。

目を凝らして空タクシーが来るのを待っていたら
その店の戸が開いて、女の子が顔を覗けて
「どうぞ」と傘を差し出してきた。
「え?」
「使ってください」
「いいですよ~」
「大丈夫ですよ、店のやし、どうぞ」

どういう会話と事情が重なって
傘を貸してくれたかはわからないけれど
お客さんは「一回飲みに行こっ」と言っていた。

[PR]
# by lounge-ai | 2017-11-18 16:47 | Comments(0)

風評。

知ってる限りで30年
だからそれ以上営業しているだろう
その飲食店の前に
初めて見た長蛇の列に驚き
私を認識してくれているコンビニのレジの人に
「凄い列でびっくりした」
と話しかけたら
「テレビに出たみたいですよ」
と教えてくれた。
すると、後ろに並んでいた妙齢女子が
「あんな汚い店によぅ行くと思わへん?」
と割り込んできた。

確かに汚い、かもしれないけど
それを理由に行く行かないは個人の自由で 
しかも、商売をやってる私からすると
よその店の不評を強調して言う必要はないかな。

「鼻の低い婆が一人でやってる店などよう行くわ」
とか言わないでね。

[PR]
# by lounge-ai | 2017-11-17 15:49 | Comments(0)

目まぐるしい発展。

先輩は
観光客の多さで暮らしにくいと言う。

「私んちほどの観光地ではないですよね?」
「でも、全体的に道が混んでるし
秋や春だけでなくて、ずっと人が多いし
かといって、なんら恩恵もないし」

まあまあの時間、ぼやいていて
町のあちこちで、
この場面が繰り広げられているのかも、と思う。

同世代ということもあって
なんやかんやな話の間
「大政奉還からたった150年ですよ」
という私に
「そのうちの50年は生きてるんやから」
と先輩。
[PR]
# by lounge-ai | 2017-11-16 12:10 | Comments(0)